車にソーラーパネルを取り付ける。(防犯・安全対策)

| コメント(0) | トラックバック(0)

車の屋根にフレキシブルソーラーパネルを設置して、いろいろ思うことがあります。

一つ目は「防犯対策」です。

ネオジム磁石の吸着力は強力ですが、所詮、磁石です。
ソーラーパネルを外して持ってゆこうと思えば、簡単に泥棒できます。

ソーラーパネルが外された時に、「警報音が鳴る」ような仕組みもあることはありますが、ちょっと大げさになり、コストも掛かりそうです。

そこで、思い付いたのが、ステンレスワイヤーロープ(2mm)で、ソーラーパネルを車に縛り付ける方法です。

完成した「防犯対策」です。

bouhan01.jpg bouhan02.jpg

bouhan03.jpg

2018.06.27 追加掲載

bouhan11.jpg bouhan12.jpg

bouhan13.jpg bouhan14.jpg

二つ目は「安全対策」です。

家の周りを試走してみましたが、特に異常はありません。

友人に、しげ爺のチャレンジを話すると、必ず、『大丈夫? ソーラパネルが落っこちない』と聞かれます。

確かに「安全対策」に、やりすぎはありません。

「防犯対策」の、ステンレスワイヤーロープ(2mm)で車に縛り付ける方法も、万が一、ソーラーパネルが「剥がれた」ときの落下防止対策の一つになります。

しかし、まずは、「ソーラパネルが落っこちない」対策に力を注ぐことが大切です。

しげ爺のソーラーパネル設置の方法で、一番の弱点は、「前方からの風圧で、ソーラーパネルが剥がされる」ことです。

対策後の様子は、以下のとおりです。

anzen01.jpg anzen02.jpg

anzen03.jpg

2018.06.27 追加掲載

anzen11.jpg anzen12.jpg

anzen13.jpg

「安全対策」にやりすぎはありません。

改良点が出てくれば、また報告します。


【2018.06.26 追記】

梅雨の晴れ間ということで、久しぶりに箱根のドライブです。
往復 130kmほどの行程。
途中、西湘バイパスで 100km/h走行。
西湘PA(下り)のトイレ休憩の時、ソーラパネルが剥がれて(?)いないか確認しました。
無事、ソーラパネルは、ズレることもなく、しっかりと固定されていました。
発電の状況も十分で、60-70Wのレベルでした。
帰宅してからの総点検でも、異常は見られませんでした。
通常の「晴れの日」走行であれば大丈夫です。
「雨の日」は、どうでしょう・・・

なお、しげ爺の「ステップワゴンで車中泊」に関する一連のブログは、「しげ爺のチャレンジ」の紹介であり、物好きな方が真似をされて「トラブル」に遭われても、しげ爺は責任は持てませんので悪しからず。 m(__)m

さて、お次は、何にチャレンジしましょうか。


お得な情報!

帰りに、箱根町湯本茶屋「箱根の湯」に立ち寄りました。
入湯料は、1,050円
今日、26日は、語呂合わせで「お風呂の日」ということで、「平日無料券」(6カ月間有効)をいただきました。
これは、お得です。 (*^_^*)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shigejii.sakura.ne.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/449

コメントする


Powered by
futomi's CGI Café

しげ爺'S Home Page へ

  • α撮影日記
  • 厳選壁紙
  • DIY
  • マイビデオ
  • ハイビジョン